風はいつも追い風。

自分らしく生きたい。

夢が現実になった日。【ジンギスバルまーさん】

友人のまーさん。

まーさんと私は留学していた時に同じ語学学校に通っていた仲間。

彼は世界一周の旅の途中に旅を一時中断して、英語を勉強しにやって来た。

旅の途中で「英語を身につけてから旅にでたほうが効率が良い」と気がついたらしい。(旅にでる前に気がつかないところがまーさんらしい。)

授業のあとは学校から近い飲み屋街で毎晩のように飲み歩いていたまーさん。

静岡県出身のまーさんは「世界一周の旅が終わったら、いつか東京で自分の店を持ちたい。小さくても居心地が良くて、みんなが笑顔になれるような美味しい食べ物を提供するんだ」と言っていた。

私は「英語力を磨いて世界を相手に取引を行えるような仕事につきたい。まーさんのお店ができたら、その時は私も目標の仕事についてまーさんのお店でまた再会しようね」と言いながらビールで乾杯した。

あれから月日は流れて、まーさんは世界一周の旅から帰国して、東京の千歳船橋駅から歩いてすぐの場所に「ジンギスバルまーさん」をオープンした。

f:id:bluesky01:20171126231417j:plain
f:id:bluesky01:20171126231456j:plain

その直後に「孤独のグルメseason5」のテレビ取材をうけて、放映されるやいなや1日60件の予約メールが入る程予約のとりにくい超人気店になった。

今日は友人のわらふくさん(A1理論さんにMac Book Air を無償で譲った天使みたいな女性)と一緒にこの店へ行ってきた。

(ちなみに話の半分以上はA1理論さんの話で盛り上がった。いないところでも存在感がすごい。)

まーさんとは久しぶりの再会。

彼は東京で人気店の経営者になり、私は希望の仕事についた。

昔遠い異国の地でビールを飲みながら語り合った夢が現実になった瞬間だった。

彼は私よりひとまわりもふたまわりも人生の先輩。年齢的には守りに入ってもおかしくない。

でもまーさんは自分の夢を諦めずに、新しいことに挑戦して見事に成功した。

夢を叶えるのに必要なのは、若さじゃなくて情熱だと感じた。

好奇心旺盛で、とってもクールな人。

まーさんに「あの時に語り合った夢が現実になってこうやって再会できて最高だよ」って言ったら「俺も」って小さく笑った。

まーさんの笑顔も笑った時にできる目尻のシワも、昔とおんなじままでなんだか嬉しかった。

わらふくさんからもらったオレンジ色の薔薇を見ながら、今日はすごく特別な日になったなあと思った。

f:id:bluesky01:20171129002758j:plain

ミニマリストとマキシマリスト。

一昨日A1理論さんと「たまには月でも眺めましょ(たま月)」で行われたミニマリスト佐々木典士さん/本橋へいすけさん(愛しの糸島ライフ)/高坂さん(たま月のオーナー)のトーク&ライブイベントに参加して感じたこと。

【私がミニマリストかどうかは別にどうでもいい】ということ。

会が始まる前に参加者による軽い自己紹介があって、「ミニマリストになりたいマキシマリストです」という方がちらほらいた。

私も以前はマキシマリストだったから、(ああ、昔の私と同じだ)って思った。

f:id:bluesky01:20171125224627j:plain

今となってわかるのは、ミニマリストは手段であって目的ではないので「何故ミニマリストになりたいのか」を明確にしないといつまでたってもモノは減っていかないということ。

私の場合は仕事に全力を注ぎたかった。

器用ではないので色んなことを同時にできない。

部屋がいつもきれいで仕事も完璧にできて…とはいかなかった。

ある意味でミニマリストになるしか方法がなかった。

「仕方なく」的に開始したミニマリスト生活だったけど、部屋に自由な空間がうまれると、心にも余裕がうまれて仕事の生産性もぐっと上がった。

精神状態と部屋の状態はリンクしているようで、いつも心には余白がある。

たとえ仕事が激務で帰宅が遅くなったとしても、丁寧に磨かれた床やキッチン、溜まっていない洗濯物や作り置きされた料理が私を疲れから解放してくれる。

以前は化粧品や雑貨が数えきれないくらいあったし、ワンルームの部屋から同じハサミが3本もでてきたことがあった。

モノに溢れて収集がつかなかったし、いつも心には余裕がなくて苦しかった。

うまくいかない原因は自分の心の底にあったのに、さみしさやストレスをモノで埋められると勘違いしてどんどん集めてしまった。

買い物をすることは根本的なストレス解消にはならなかった。

それに気がついた今、思えること。

"本当に大切にしたいことが明確になっているかどうかでモノを減らせるか決まる"ということ。

A1理論さんのような先天的ミニマリストは別として、後天的にミニマリストになりたい人はこれが壁になる。

大切なことは何かが明確な人ほど、モノを手放す速度は加速する。

もっとおおげさに言うと、お金で買えるものはきっと手放しても大丈夫なのかもしれない。

必要ならまた買えばいい。

今は私がミニマリストであることにも執着していないし、モノを沢山持っている人が悪いとも思わない。

モノは自分の管理できる能力を越さない量かどうか。それがポイントだから。

リバウンドは恐らくしないだろうけど、物量は状況や必要に応じて変化させていきたいし、ミニマリストを経験したことで見えてきたことが沢山あったのでとても良かったと思っている。

f:id:bluesky01:20171125224813j:plain

ミニマリスト佐々木さんatたま月!!

今日はたまには月でも眺めましょ(たま月)で行われた佐々木さん/本橋へいすけさん/高坂さんのトーク&ライブイベントに、「無職で今お金無いし、参加費(4,000円)が高すぎる。いやだー!」っと叫んでいたA1理論さんを無理矢理引っ張って一緒に参加してきた。

最近のA1さんは下諏訪のホシスメバのリノベ関連のことで関係者の方と連絡をとったりと、とにかく忙しい。今日もあんまり寝てないので若干ご機嫌ななめだった。

f:id:bluesky01:20171125005753j:plain

(イベント終了前にはカフェラテとお菓子を、終了後には日高屋でおつまみとレモンサワーをごちそうしてご機嫌ななめの兄さんをきちんとケアした。わらふくさんからMac Book Airをもらったことと比較されて若干ムッとしたが、わらふくさんが天使すぎるだけということを忘れてはならない!私も結構優しいんだからね!)

池袋の丸井で待ち合わせして会った瞬間に「痩せましたね。私は以前の丸みをおびた愛くるしいフォルムの兄さんが好きだったのに…アゴも尖ってきて、このままじゃただのアラフォーイケメン無職のおじさんになってしまう」と残念がった。

A1理論さんは本人は気がついていないだけで昔たぶんモテてたと思うし、今も良い意味でとっても可愛らしい。私は今の兄さんでじゅうぶんに魅力的だと思っている。

変わる必要なんてないじゃないか!

痩せるのは絶対にやめてほしい!!

そう思っていることを伝えると、「あと5キロ痩せる。痩せたほうが良いと健康診断で言われた。あとイビキの問題もあるし」とのこと。

むむむ…じゃあ仕方ない。
健康第一だからね。
愛らしいあのフォルムがもう見れないのは悲しいけどね。今のうちに写真を撮っておいたほうが良いのかも…?

そんなこんなでバタバタしているうちにたま月でトーク&ライブがはじまった。

佐々木さんにお会いしたくてこのイベントに参加したんだけど、思ってたより声が高くて腰が低いお茶目な方だなあと感じた。

佐々木さんの「ぼくたちにもうモノは必要ない(ぼくモノ)」を読んだ当時は私はマキシマリストで色々と悩んでいた時期だったので、文章の一言ひとことが心の深い部分にまで突き刺さる感覚があった。

今でも勿論素晴らしい内容の本だと思っているけど、私自身もミニマリストになった今では「なるほど」より「そうだよね」と頷く箇所がほとんどになった。

本はその時の自分の置かれている状況によって、読んだ後の感想が変わってくる。

今日のイベントの内容も共感できて頷ける内容だった。

今ではもうモノの物量にそこまでこだわることがなくなった。

相変わらずモノは少ないままだけど、意識的に少しだけ増やしている。だけど、知らぬうちにモノが多くなるようなリバウンドは今後もないと断言できそう。

ミニマリストを通過点に、今は自分の一番心地良い状態を探している段階に移ったのかもしれない。

今年ももう少しで終わりだけど、成長を実感できる一年になったなあと帰宅中の電車内で思った。

チャンスの神様。

昔何かを調べていて偶然に読んだ文章にとても心が揺さぶられた。

【人生には、食べ物の「食べ頃」と同じように、「旬」の時期がある。

しかし、「旬」の時期は一人一人の時期が違うので、タイミングを外すと、「旬」だったことにも気付かない人がいるほどだ。

「人生の旬」とは、若くて元気がいい頃のことだけではない。

何かにチャレンジしている時や、新しいことにチャレンジしている時こそ、もっともその人が輝いているからこそ、「人生の旬」と言える。

年齢を重ねていても、いつも前向きで、新しい事にチャレンジし続けている人の心は、とても「旬」だ。】

私はその当時とても悩んでいた。

アラサーともなると周囲は結婚ラッシュ。

かたや私はその波には乗れず問題が山積する職場にも失望していたし、自分の仕事がどのように社会の役にたっているのか実感を得られなくてやりがいや生きる意味すら見出だせないでいた。

現状維持はとてもラクだったけど、記事を読んで成長するには何かを失う覚悟と一歩踏み出す勇気がいるんだと思えてきた。

チャンスの神様は前髪しかないって言われてるし、動き出そうと思った今がまさに旬なんだろうなと。

その時以来、新しいことに挑戦して「失敗した」とは思わなくなった。

「失敗した」のではなく、「新しいことに踏み出した結果前進した」と思えるようになった。

捉え方によって物事はだいぶ変わるし、心が晴れやかにもなる。

今の私は過去の私が選んだ結果なので、満足できる。

納得させてるわけじゃなくて、心からそう思う。

年齢を重ねても旬を感じられるようでありたいと思う。

f:id:bluesky01:20171121000726j:plain

広告を非表示にする

人生にも旬がある。【たまには月でも眺めましょ】

昨夜は友人と久しぶりに「たまには月でも眺めましょ」へ行ってきた。

この店で何度かお会いしたことのある「脱貧困ブログ」http://kentaroupeace.hatenablog.com/の浅野健太郎氏が今年2回目の失恋をしたとかで、ギターをかき鳴らしながら失恋ソングを大熱唱していた。
(浅野氏から掲載許可はいただいています。)

f:id:bluesky01:20171118222109j:plain

年齢を重ねると経験や知恵がついてきて、恋愛に臆病になっていく。

行動しないと結果はついてこないってわかっているけど、なかなかその一歩が踏み出せない。

一日のうちでその人のことを考える時間がだんだんと増えていく。

相手の存在そのものが明日への活力になる反面、制御不能な感情が溢れてきて泣きそうになる。

自分にもこんな感情があったのかとびっくりしたりする。

胸の奥があつい。

f:id:bluesky01:20171118222537j:plain

もう何年もそんな恋愛はしてないけど、そう思える相手に出会えたとしたらそれは素敵なことだし、踏み出した一歩が消えることは永遠にない。

失恋も半年後にはきっと笑い話になる。

新しい一歩を踏み出した浅野氏。

自分の気持ちに素直に生きていて素晴らしい。

友人は来月から長崎に転勤になる。

こちらも始まりへの第一歩を踏み出すんだなあ。

二人とも新しい門出、おめでとう!

長崎へは必ず遊びに行くからね。

今回も濃い時間を過ごすことができたたま月での夜だった。

f:id:bluesky01:20171118222717j:plain

今を精一杯生きたい。

3ヶ月前に私の部署に派遣さん(女性Aさん、40代前半)が入ってきた。席は私の隣。

f:id:bluesky01:20171008175039j:plain
f:id:bluesky01:20171008175105j:plain

このAさんがかなりの曲者で、

①社員の指示に従わず、自己流に物事をすすめて結果間違える。(私より年上のためか妙なプライドがあり従順性が無い)

②物覚えがかなり悪く、何度も同じ間違いをする。
(メモしているのに何故?)

③仕事があまりにも遅すぎる。(わざと遅くしているのか?)

④勤務態度が粗悪。
報連相もできない。
(働く以前の問題?)

…等々。

f:id:bluesky01:20171008175146j:plain
f:id:bluesky01:20171008175206j:plain

仕事をする上で大切なヒューマンスキルとビジネススキルの両方ともが欠けていて、スキルのミスマッチがもたらしたのが今回の悲劇だった。ミスマッチはお互いに時間を無駄にするだけなので、面接時に細部まで確認の必要があると痛感した。

面接時にきちんと確認したつもりが、見抜けなかった私達社員にも非があった。

派遣会社に契約終了の旨を伝えて、私のストレスは今月末までとなった。終わりが見えた戦いに、少しだけ気持ちがラクになった。

f:id:bluesky01:20171008175251j:plain

契約を終了して彼女がいなくなると私達社員の業務負担がかなり多くなるけど、彼女と一緒に働く精神的なストレスのほうがはるかに負担が大きいと判断した。

派遣社員のメリット】

①有期契約なので、色々な職場で働くことができる。
(正社員としては入社できないような企業にも、派遣社員でなら入れることもある。)

②時間給のため、趣味に時間を割くなど融通が利く。

③単純で明解な仕事を任せられることが多く、複雑な業務内容ではないので覚えやすい。

④責任のある仕事を任せられることが少ないので、精神的なストレス度合いが低い。

f:id:bluesky01:20171008180336j:plain

派遣社員のデメリット】

①有期雇用契約のため、長く働きたいと思っても派遣先から契約終了を言い渡されることがある。
(今回のAさんの場合も、本人は継続を希望するもこちらからお断りした。不確定要素があるため将来像を描きにくい。)

②時間給で働いているため、収入は月によって変動する。交通費は自腹なことが多く、賞与や退職金は無し。平均年収は正社員の約6割前後。

③単純作業が多いため、スキルアップは見込みにくい。(正社員と派遣社員は全く別の役割のため)

④一般的にカード審査が通りにくい・ローンを組みにくい・家を借りにくいと言われている。

派遣社員で働くことはメリットもある。けど、デメリットはその裏返しのようにも思う。

今の時代、正社員で働いていても明日はどうなるかなんて誰にもわからないし、正社員と派遣社員のどちらが良い悪いではなく役割の問題だし、どちらにもメリットとデメリットがある。

ただこれだけは言えるのが、派遣社員でも正社員でも労働の対価として賃金をいただくのならば、その時その時でベストを尽くすのが社会人としての常識だし、「派遣社員だから知りませんわかりません」ではなく、積極的な姿勢は持ちあわせるべきだなと感じた。

人生は有限なので、限りある時間をどうせなら精一杯生きたほうが良い。

f:id:bluesky01:20171008175424j:plain

嫌々生きてもイキイキ生きても、時間は誰しにも平等に過ぎていく。

「あの時ああしとけば良かった」と後悔しながら生きるのは結構ダサい。

やらずに後悔は永遠に後悔するけど、行動した結果たとえ失敗したとしても何年後かには笑い話になるってわかってるから、挑戦して今を精一杯生きることにしてる。

他人にそれを押し付けはしないけど、私はたぶんこれからもそうやって生きていくんだろうと思う。

経験は人を大きく強くする。

Aさんがもたらしてくれた私への唯一にして最大のメリットは、私の生き方は間違ってないと再確認させてくれたことかも。

ローソンで買ったカフェラテを旅先の熱海のハーバーのベンチで飲みながら、そんなことをぼんやりと思った。

f:id:bluesky01:20171008174006j:plain

自分のものさし。

最近のお気に入りは多摩川線の武蔵新田駅周辺。

都民でも知らない人が多い、東急多摩川線沿線。
3両の電車が走る小さな駅。

f:id:bluesky01:20170917143914j:plain

商店街にある金魚屋さんと新田神社を通り抜けて美味しい豆腐屋「みしまや」へ。

f:id:bluesky01:20170917144007j:plain
f:id:bluesky01:20170917144032j:plain

一丁240円はスーパーの3倍の値段。でも味はその10倍美味しいから、豆腐は「絶対にここで買う!」って決めてる。

f:id:bluesky01:20170917144053j:plain
f:id:bluesky01:20170917144138j:plain

野菜は八百屋、肉は肉屋、豆腐は豆腐屋で買う。

最後にスーパーへ行ったのはいつだったかな…。

土曜日に食材を買い込んで、日曜日にその週の一週間分の作り置きをする。

こだわりの調味料でシンプルな味付け。

f:id:bluesky01:20170917144233j:plain

好きなお酒を片手に好きな音楽をかけながらゆったりと手間をかけて作る。

素材そのものの味を引き出す感じで、じゅうぶんに美味しくなる。

これで平日のお弁当と晩御飯の心配をしなくてもいい。

f:id:bluesky01:20170917144352j:plain
f:id:bluesky01:20170917144443j:plain
f:id:bluesky01:20170917145543j:plain

平日に手を抜くために、週末に手を抜かない。

自分にかかる負荷をできるだけ取り除いて、毎日を快適に過ごせるようにしてる。

不器用にしか生きられないけどそれをどうしたら良いかわからくて昔は随分ともがいてたけど、今ではそれも自分の個性だとしっかりと受け入れてシンプルに生きれば良いんだってわかってきた。

周りからどう思われてるかよりも自分がどうありたいかのほうが大事だから、「自分のものさし」を軸に生活するようにしてる。

情報が簡単に手に入る時代だけど、それに惑わされずにぶれない自分の軸を持つことが大切なのかも。

思考も部屋も洋服も、料理も。

今の私にはシンプルが一番心地いいな。

みしまやの豆腐と同じように。

f:id:bluesky01:20170917144645j:plain

広告を非表示にする