風はいつも追い風。

自分らしく生きたい。

チャンスの神様。

昔何かを調べていて偶然に読んだ文章にとても心が揺さぶられた。

【人生には、食べ物の「食べ頃」と同じように、「旬」の時期がある。

しかし、「旬」の時期は一人一人の時期が違うので、タイミングを外すと、「旬」だったことにも気付かない人がいるほどだ。

「人生の旬」とは、若くて元気がいい頃のことだけではない。

何かにチャレンジしている時や、新しいことにチャレンジしている時こそ、もっともその人が輝いているからこそ、「人生の旬」と言える。

年齢を重ねていても、いつも前向きで、新しい事にチャレンジし続けている人の心は、とても「旬」だ。】

私はその当時とても悩んでいた。

アラサーともなると周囲は結婚ラッシュ。

かたや私はその波には乗れず問題が山積する職場にも失望していたし、自分の仕事がどのように社会の役にたっているのか実感を得られなくてやりがいや生きる意味すら見出だせないでいた。

現状維持はとてもラクだったけど、記事を読んで成長するには何かを失う覚悟と一歩踏み出す勇気がいるんだと思えてきた。

チャンスの神様は前髪しかないって言われてるし、動き出そうと思った今がまさに旬なんだろうなと。

その時以来、新しいことに挑戦して「失敗した」とは思わなくなった。

「失敗した」のではなく、「新しいことに踏み出した結果前進した」と思えるようになった。

捉え方によって物事はだいぶ変わるし、心が晴れやかにもなる。

今の私は過去の私が選んだ結果なので、満足できる。

納得させてるわけじゃなくて、心からそう思う。

年齢を重ねても旬を感じられるようでありたいと思う。

f:id:bluesky01:20171121000726j:plain