風はいつも追い風。

自分らしく生きたい。

夢が現実になった日。【ジンギスバルまーさん】

友人のまーさん。

まーさんと私は留学していた時に同じ語学学校に通っていた仲間。

彼は世界一周の旅の途中に旅を一時中断して、英語を勉強しにやって来た。

旅の途中で「英語を身につけてから旅にでたほうが効率が良い」と気がついたらしい。(旅にでる前に気がつかないところがまーさんらしい。)

授業のあとは学校から近い飲み屋街で毎晩のように飲み歩いていたまーさん。

静岡県出身のまーさんは「世界一周の旅が終わったら、いつか東京で自分の店を持ちたい。小さくても居心地が良くて、みんなが笑顔になれるような美味しい食べ物を提供するんだ」と言っていた。

私は「英語力を磨いて、世界を相手に取引を行えるような仕事につきたい。まーさんのお店ができたら、その時は私も目標の仕事についてまーさんのお店でまた再会しようね」と言いながらビールで乾杯した。

あれから月日は流れて、まーさんは世界一周の旅から帰国して、東京の千歳船橋駅から歩いてすぐの場所に「ジンギスバルまーさん」をオープンした。

f:id:bluesky01:20171126231417j:plain
f:id:bluesky01:20171126231456j:plain

その直後に「孤独のグルメseason5」のテレビ取材をうけて、放映されるやいなや1日60件の予約メールが入る程予約のとりにくい超人気店になった。

今日は友人のわらふくさん(A1理論さんにMac Book Air を無償で譲った天使みたいな女性)と一緒にこの店へ行ってきた。

(ちなみに話の半分以上はA1理論さんの話で盛り上がった。いないところでも存在感がすごい。)

まーさんとは久しぶりの再会。

彼は東京で人気店の経営者になり、私は希望の仕事についた。

昔遠い異国の地でビールを飲みながら語り合った夢が、現実になった瞬間だった。

彼は私よりひとまわりもふたまわりも人生の先輩。年齢的には守りに入ってもおかしくない。

でもまーさんは自分の夢を諦めずに、新しいことに挑戦して見事に成功した。

夢を叶えるのに必要なのは、若さじゃなくて情熱だと感じた。


好奇心旺盛で、とってもクールな人。

まーさんに「あの時に語り合った夢が現実になって、こうやって再会できて最高だよ」って言ったら「俺も」って小さく笑った。

まーさんの笑顔も笑った時にできる目尻のシワも、昔とおんなじままでなんだか嬉しかった。

わらふくさんからもらったオレンジ色の薔薇を見ながら、今日はすごく特別な日になったなあと思った。

f:id:bluesky01:20171129002758j:plain