風はいつも追い風。

自分らしく生きたい。

山下陽光さんと佐々木典士さんのトークイベントに参加して感じたこと。

5月19日(土)

山下陽光さんと佐々木典士さんのトークイベント(@高円寺 素人の乱)に参加してきた。

イベントの内容じゃなくて、今感じていることを率直に書いてみたい。

山下さんは資本主義経済の渦に飛び込まず、素晴らしい洋服を薄利多売している。

素敵な奥さまと可愛らしいお子さんがいらっしゃって、これからお子さんが大きくなっていくにつれて、きっとお金がどんどん必要になっていく。

良質な洋服を薄利多売しているので、利益が少なくて奥様から「もっと働け」と言われて、 山下さんの労働時間は今後ますます増えていくと思う。

最近よく耳にする、「倫理的な/道徳的なファッション」という意味の「エシカルファッション」。

山下さんもそのご家族も洋服を購入した人も、みんながハッピーになれたら最高だし、それこそがエシカルファッションだと思う。

ファッションは単に「布を身にまとう」んじゃなくて、

私たちは「哲学を身にまとう」って生きているんだと思う。

ファッションには人を動かす力がある。

モノがあふれる現代社会。

これからは人はモノの背景を知って、
その背景を購入する時代になっていく。

そんな時代に選ばれる価値のあるものをうみだしていると思ったし、ご本人もとても魅力的だと思った。

f:id:bluesky01:20180522221846j:plain

ただ生きていくためには情熱とお金の両方がきっと必要で、

向かう方向性や考え方は私のそれとは違ったけど、山下さんの洋服のセンスはとても素晴らしいし、実際に洋服を手に取ってみて、一着一着が細部にまでこだわって作られていて、洋服から熱い情熱が伝わってきた。

彼にたくさんのファンがつくのも当然だと思った。

今回自分の考えと違う価値観に触れることができてとても面白かったし、参加できて良かったし、有意義な時間になった。

「自分の考えと違うから、あの人キライ!」

になる人がいるけど、私はそれは違うと思う。

あくまでも意見は意見。

意見を述べたその人をキライになるわけじゃない。

また、山下さんの考え方はマイノリティだとは思ったけど、マジョリティが必ずしもいつも正しいわけでもない。

どっちが正しいまたは悪い、と決めつける必要性もないんだと思う。

みんな違って、みんな良い。

イベントに参加して、まだまだ未熟な私の世界が広がったことは間違いない。

私はビジネスには世の中を動かす力があると信じているし、山下さんと佐々木さんという今後のご活躍がますます楽しみな才能のあるお二人に出会えて本当に良かった。

山下さん、佐々木さん、主催のナカヤママリコさん。

素敵な時間をありがとうございました!!